--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
03/12

【capsule】FLASH BACK

capsuleレビュー第11弾は、10thアルバム「FLASH BACK」です。
FLASH BACK

前作がリミックスとはいえ、「capsule rmx」リリース2ヵ月後にリリースされた作品です。
時期的にはPerfumeやMEG、鈴木亜美など、中田ヤスタカの外部ワークスが目立ち始め、世間的にも注目度が高い中でのリリースだったと思います。
ダサい、けどカッコイイっていう、ダサカッコイイ感がすごく良いところで出ていて、個人的にはcapsuleの中で3本指に入るくらい好きな作品です。
capsule全作品の中で一番80's感が濃い作品ではないかと思います。
また、以前の作品に比べてエディットが控えめなのか、こしじまさんのヴォーカルが素直に聴こえます。
この作品以降、エレクトロ転換期の象徴だった素材重ね系のジャケットではなくなります。


1. construction
2. FLASH BACK
3. Eternity
4. You are the reason
5. Love Me
6. I'm Feeling You
7. MUSiXXX
8. Get down
9. Electric light Moon light


#1はお決まりの短いインストもの。チープな音が逆にカッコイイです。
#2、#7はバキバキのエレクトロチューン。
#7は先行してアナログでリリースされています。
#3はこのアルバムのハイライトになるような作品で、80's的シンセサウンドと、capsuleの強みである飛び切りキャッチーなメロディとこしじまとしこのヴォーカルが上質かつ個性的なポップさを作り出しています。
#4は最も80'sっぽく、音質もわざと下げてあるんじゃないかという感じの曲です。
ヴォーカルは100%サンプリング素材ですが、メロディラインが最高にカッコイイです。

#5で雰囲気は一変し、ノイジーなイントロから、ディープな世界へ入っていきます。
ディープな曲でもポップさを失わないのは流石。
#6はもろマイナー系のミドルチューン。バイエルの左手のようなシンプルなラインのアルペジオに支えられ淡々と、でも流れるように展開していく佳曲。
#8はもうダサさ全開(笑)でもなんかアリという、ものすごく絶妙なバランスの曲で、個人的には結構好きです。
#9は個人的に一番のお気に入りで、曲も詞も、キラキラしながらも切ないバラードです。メロディが珠玉。


本人もダサいのかカッコイイのかわからない感じで製作を進めたとか、「FRUITS CLiPPER」以来のチャレンジ度だとかインタビューで語っていて、中田ヤスタカ自身にとっても、かなり挑戦となった作品のようです。
その結果素晴らしいバランスのアルバムが出来上がっています。
オススメです。



スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


2010
03/27

【capsule】capsule rmx

capsuleレビュー第10弾は、9thアルバム「capsule rmx」です。

rmx.jpg

前作から8ヶ月弱で発表されたリミックスアルバム。
今までの曲をエレクトロ期を中心にセレクトし、よりフロア対応にリミックスしています。
既存のものをいじったというよりは、もうイチから作り変えました的な印象の、大胆リミックスアルバムです。
本人によると、原曲を知ってても知らなくてもカッコイイと思えるものにしたかったらしく、リミックスする意味のある曲をチョイスしたそうです。
それで、元のを聴いてる方が良いと感じた曲に関してはチョイスしてないそうで、ラウンジ期の曲がほとんど収録されていないのはその辺が理由のようです。

ジャケットは今回も素材重ね系。
個人的にはこういう作り好きです。


1. capsule rmx →
2. jelly(rmx ver.)
3. Sugarless GiRL(rmx ver.)
4. CrazEEE Skyhopper(rmx ver.)
5. ポータブル空港(rmx ver.)
6. do do pi do(rmx ver.)
7. Lounge Designers Killer(rmx ver.)
8. Sound of Silence(rmx ver.)
9. グライダー(rmx ver.)

#1は定番のイントロで、唯一の新曲。
#2は代表曲のリミックスで、ポップさそのままよりパワフルに。
#3はエレクトロな音を使いながらも見事にポップスのフォーマットに収めた原曲とは違い、かなりフロアっぽいアレンジに。
Bメロが最後の最後でかなり力発揮してます。

#4は割と原曲と比べると変化が少ないかなという印象。
でもこっちの方がしっくり来ます。
#5は唯一ラウンジ期からのチョイス。
クラブミュージックの形を取りながらもフロアっぽさを感じさせない作りだった原曲をフロア対応に。
#6は意外なチョイスですが、見事にアップデートされてます。

#7は原曲のゴリゴリなグルーヴから、エレクトロ期のcapsuleらしい音になりポップになった印象。
#8もあまり思い切った変化はないように感じますが、こっちの方が断然好きです。
#9は、原曲にあまり感じなかったフロア的なエッセンスが思い切り入ってます。
音だけじゃなく、転調なども原曲とは違っています。


この後、2ヶ月後という異常なペースで新作が発表されますが、今までとはまた違った音楽を作り出します。
また、この年(2007年)辺りから、capsule以外のリミックスやプロデュースなどの外部ワーク今まで以上に増加し、Perfumeのブレイクなども手伝って、中田ヤスタカの知名度は一気に上がることになります。






theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


2010
03/21

【capsule】Sugarless GiRL

capsuleレビュー第9弾は、8thアルバム「Sugarless GiRL」です。

sugarless girl

この作品では、前作で提示されたスタイルをよりエレクトロ寄りに、洗練された形に発展させています。
全体的に重くてハードな印象。
ジャケットは今回も素材重ね系。
歌詞カードはなくなり、この頃からサンプル素材などに歌部分を任せる曲も姿を見せ始めます。


1. Welcome to my world
2. Starry Sky
3. REALiTY
4. Sugarless GiRL
5. Catch my breath
6. Spider
7. MUZiC
8. Melting point
9. Sound of Silence
10. Secret Paradise


アルバムのハイライトになる#2、#4はダントツ。
特に#2はキャリア全体で見ても屈指の出来。
どちらもコードとメロディの動きがとても気持ち良いです。
#2は#1から続けて聴くと高揚感倍増。
#4は後にリミックスされます。

他にもギターや歪んだ音が強力なビートと共にハードな印象を与える#3や#5、
そのハードさの中に、Vo.とメロディでポップさを感じさせる#6、
ミニマルな#7や夜のラウンジの生演奏のピアノみたいな#8、
Vo.にサンプル素材を使用し、後にリミックスもされる、キラキラした印象の#9、
ここ数年でも似たような傾向が見られる#10と、ハイライトの曲以外も充実しています。


これ以後も、絶えず変化をしながら、エレクトロを軸に作品をリリースしていきます。







theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。