--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
07/29

【フリーVST Effect】LinearPhaseGraphicEQ2

今回はフリーVSTイコライザの定番、LinearPhaseGraphicEQ2について。
こちらVSTプラグインには珍しく国産で、クセもなく非常に使いやすいのでオススメです。
名前にリニアフェーズとあるように、このEQでエディットを行っても位相特性は乱れないそうです。

LinearPhaseGraphicEQ2


ダウンロードすると日本語のマニュアルがついてくるので、こちらで説明することもないとは思いますが、一応ざっくりと説明したいと思います。
下記の画像の数字を元に説明を進めていきたいと思います。
lpgeq22.png

1.エディット画面

まず、グライコ的な使い方をしたい場合は、①にて、削りたい/ブーストしたい周波数帯をクリックすると、そのクリックしたポイントに合わせてパラメータが変化します。
感覚的に扱えるので非常に使いやすいです。

2.Resetボタン

一度今まで行ってきた設定をまっさらにしたいときに押すと、初期の全部0dbな状態に戻してくれます。

3.MasterGain

周波数関係なく、全体のゲインを調整できます。
DAW側でボリュームにオートメーションを書いちゃったけど、全体の音量を調整したい!という時などに便利です。

4.BandWidth

後述する、パライコ的な使い方をするときに、所謂「Q値」を変化させます。
Q値に関しては、【Synth 1】Equalizer/PanセクションのQをご覧ください。

5.Compareボタン

一つ前の設定と現在の設定を比べることが出来ます。
クリックすると一つ前の設定と現在の設定が交互に切り替わります。
ただし、一回のクリック(ドラッグ)で1つとなるため、カチカチと何度もクリックをして細かく設定している場合はあまり役に立たないかもしれないです。

6.ゲインのレンジを変更する

イコライザ本体の左横にある数字が書かれた領域をクリックすると、ゲインのレンジを変更することが出来ます。
±12db、±24db、±96dbの3通りから選ぶことが出来ます。

画像と対応した説明は以上ですが、他にも機能がありますので、以降はその説明をしていきます。

・パライコ的使用法

EQのエディットスペース(①)にて、右クリックをするとパライコのような波型を描くことができます。
変化幅は前述のBandWidthで変更します。

・指定周波数をリセット(0db化)する

Ctrlキーを押した状態で右クリック、ドラッグをすると、ドラッグした周波数が0dbになります。
特定箇所を一度ならしたい時などに便利です。

・選択周波数の設定を他の周波数にも設定する

Shiftキーを押した状態で左クリックし、ドラッグすると、クリックした周波数の値をドラッグした周波数にも設定することができます。

・指定周波数を微調整する

Shiftキーを押した状態で左クリックをすると、クリックした周波数を微調整することが出来ます。
現在の設定より上の箇所でクリックをすれば+方向に、下の箇所でクリックをすれば-方向に微調整ができます。


本体右上の「slim slow slider presents」というロゴをクリックすると、英語のマニュアルが表示されます。
また、最新バージョンにはfor masteringというバージョンも同梱されています。
負荷が高い分精度も高いようです。

ということで、フリーのEQではダントツの使いやすさだと思うので、入れておいて損はないと思います。
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。