--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
07/31

【雑談】Perfume「Voice」8.11

Perfume、「不自然なガール/ナチュラルに恋して」に続き今年第2弾のシングル「Voice」が8月11日に発売されます。
収録曲2曲がそれぞれ、「Voice」が日産の、「575」がiidaの携帯[Light Pool]のCMソングに起用されています。

TOKUMAJAPANさんがYoutubeに「Voice」のプロモのショートバージョンをアップしています。


Perfumeらしい晴れやかなポップさに中華風なメロディで、今までと違うテイストを感じさせつつもかなりキャッチーに仕上がっています。
特にサビのメロディの流れは気持ち良いです。

カップリングの「575」はちょっと切ない感じのバラードで、夏~秋の夜に聴きたくなりそうな曲です。
歌詞はタイトル通り、5・7・5を軸に作られていて、iidaのWebページで展開されているキャンペーンとリンクしています。
曲の方はサビだけですが、iidaのページで聴くことが出来ます。
http://iida.jp/
サビ以外の部分ではラップも入るそうです。

5・7・5で言葉を入力すると、入力された言葉で音楽を生成してくれるiidaのキャンペーンページはこちら


日産のCMはこちら


発売まであと少し、楽しみですねー
アルバムは今年あるかどうか微妙な感じですね。



スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


2010
07/31

【Synth 1】Chorus/Flangerセクション

更新が空いてしまい本当に申し訳ありません。

ということで、久々に更新します。

今回はSynth1のコーラス、フランジャーセクションについて説明していきたいと思っています。

ch_fl.png

コーラスというのは、原音に対して、原音を揺らせた音を少し遅らせて重ねることで音に拡がりを持たせるエフェクトです。
フランジャーは所謂ジェットサウンドと呼ばれるものを生み出すもので、原音に対して、原音をそのまま、あるいは揺らせたりした音を、僅かに遅らせて重ねることで、独特のうねりのある、クセのある効果を生み出します。
コーラスとフランジャーの仕組みの違いは、エフェクト音の遅延時間の差なので、同じセクションでまとめられています。


さて、Synth1の説明に入っていきましょう。
ON/OFFは左の「ON」ボタンで行います。
点滅時がONで、OFFの時は消灯状態になります。
それでは、Chorus/Flangerの機能について見ていきましょう。

タイプ
タイム
デプス
レイト
フィードバック
レベル


○●タイプ●○
ch_fl_type.png
Chorus/Flangerの場合、タイプでの選択肢は「x1」「x2」「x4」になります。
「x1]の場合はモノラル、[x2]はステレオ、「x4]は4相になります。
2相(ステレオ)の場合は、左右のエフェクト音の位相をずらしてステレオ化します。
また、4相は、さらに位相をずらした音を重ねて拡がり感を強くしたものです。


○●タイム●○
ch_fl_time.png
原音に対しての遅延時間を設定します。
0.05ms~30msまで設定することができ、左に行くほど値が小さく、右に行くほど値が大きくなります。
先ほど触れたように、コーラスとフランジャーの違いは遅延時間にあるので、実質ここでどちら寄りの音を使うかの設定をします。

フランジャーの場合は、遅延時間を早めに設定します。
0.5~1.5ms辺りが一番効果を感じやすいかと思います。

コーラスの場合は、遅延時間を長めに設定します。
15ms以上にすると効果がわかりやすいかと思います。


○●デプス●○
ch_fl_depth.png
ここでは、エフェクトのうねりの深さを設定します。
右に回すほどうねりが深くなり、かなり揺れた感じになります。
自然な感じで使いたい場合はあまり値を上げずに使うと良いかと思います。


○●レイト●○
ch_fl_rate.png
揺れの速さを設定します。
設定範囲は0.01Hzから400Hzで、右に回すほど早くなります。
1hzが1秒間に1周期になるので、400Hzだと、1秒間に400周期の揺らぎが発生することになります。
こちらも自然な感じで使いたい場合はあまり値を上げずに使うと良いかと思います。


○●フィードバック●○
delay_fdbk.png
フィードバックは、エフェクト回路に再入力する量を設定する部分です。
-99%~97%までが設定可能で、絶対値が強くなるほどクセが強くなります。
+値と-値とで違った効果を得ることができ、ここの値を上げていくと、設定次第では金属的な音を出すことも可能ですし、飛び道具的な音を出すことも可能です。
ただし、上げ過ぎるとクリップしてしまうこともあるので、注意してください。


○●レベル●○
ch_fl_lv.png
ここでは、ドライ音とエフェクト音のバランスを設定します。
0がエフェクト:ドライ=0:100、64が50:50、127が100:0になります。


次回はVoiceセクションについて説明していきたいと思っています。
更新頻度を上げれるように頑張りますので。。。

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。