--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
01/19

【Synth 1】Wheelセクション Part.1

まず、かなり更新が空いてしまい、すいません。
今回は、Synth1のホイールに関連する部分について扱っていきたいと思います。

まず、ホイールですが、これはMIDIコントローラやシンセの左端の方についている、ピッチやモジュレーションなどをコントロールする部分です。

「ホイール」と言ってしまいましたが、主にホイールタイプと、ジョグスティックタイプがあります。
どちらも出来ることはあまり変わらず、使う人の好みによると思います。
一般的には下画像のようになっています。

・ホイールタイプ
w2.png
※画像ではモジュレーションホイールが2つありますが、通常は1つのものが多いです。

・ジョグスティックタイプ
w1.png

ピッチベンドはどちらも真ん中がデフォルト位置になっており、下または左側に倒すとピッチが下がり、上または右側に倒すとピッチが上がります。
大抵スプリングで戻るようになっているので、手を離すと元の位置(ピッチ)に戻ります。

モジュレーションは、下が最小値、上が最大値になっています。
ホイールの場合はスプリングのないことが多く、手を離しても元に戻りません。
ジョグスティックの場合はスプリングがあることが多く、モジュレーションを掛け続ける場合は持ち上げ続けていなければなりません。

どちらを選ぶかは好みですが、個人的にはジョグスティックに慣れてしまったので、ジョグスティックが好きです。



さて、それぞれの可変幅はシンセに依存し、普通はシンセや音源側で設定が出来るのですが、Synth1でもそれらの設定が可能です。
この部分はバージョンアップによってかなり変わったのですが、旧バージョンの方がシンプルなので、まず旧バージョンで仕組みを説明していきたいと思います。


旧Synth1では、右下にある、下画像の箇所で設定します。
wheel.png


○●ピッチベンドレンジ●○
ここではピッチベンドの可変幅を設定します。
数字のLCD画面をクリックするか、隣のボタンをクリックすることで設定変更ができます。
pb.png

設定範囲は半音刻みで24まで、つまり2オクターヴまでの設定が可能で、±設定値が変化の範囲になります。
例えば、12と設定した場合、上下1オクターヴまでの変化が可能になるということです。
ギター的な使い方をしたい場合などは、2と設定すると可変幅が1音ベンドと同じになるので、より自然な表情を付けることができます。


○●モジュレーション●○
ここではモジュレーションの変化量を設定します。
spdで変化周期(速さ)を、amtで変化量を設定します。
設定値はどちらも0~127です。
wheel.png

モジュレーションの設定の前に…
Synth1の場合、LFO1を使ってモジュレーションを掛けます。
なので、この箇所のツマミをいくらいじってもLFO1がONになっていないと何も起こらないので注意しましょう。
また、ホイール(ジョグスティック)側でモジュレーションを掛ける場合は、LFO1のspdとamtは「0」にしておきましょう。
必要に応じて、syncのスイッチ(tempo、key)も切っておきます。

LFOの波形とdst(変調先)は目的のものを設定してください。
ヴィブラートの場合のdstはosc1,2が良いかと思います。
w_lfo.png


さて、肝心のホイールの変化幅の設定ですが、先ほども触れたようにspdで周期の速さを、amtで変化幅を設定します。
ホイールやスティックが可変幅いっぱいの位置にあるときに設定した値になります。
ホイールを例えばちょうど真ん中で留めた場合は、0と設定値の中間値がその時の値となります。

spdとamtどちらも設定してホイールを動かした場合、当然どちらも変化します。
ここで例えば、spdを「0」にしてamtを最大、LFOの変調先をフィルターにした場合は、ホイールやスティックでフィルターの値をコントロール出来るようになります。

このようにモジュレーションを掛けるだけではなく、ちょっと違った使い方も可能です。
モジュレーション自体も、ヴィブラートのような真っ当な(?)使い方だけでなく、過激な設定をして例えばSEとして使用することも可能です。


ホイールは、特にシンセリードを弾く人にとっては必須でしょうし、打ち込みのみの人も音にニュアンスをつけるのに有効だと思います。
特にベースなどにグリス的にピッチベンドを使うと、グルーヴ感が増したりします。
色々試してみましょう。
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。