--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
06/13

【雑談】コクヨ Media Passを使ってみて

ここ最近CDがキャパオーバー気味で、入りきらないCDがコンポの近くに積んである・・・そんな状況だったため、CD用ソフトケースの購入を検討。
フラッシュ・ディスク・ランチ製と迷ったのですが、CDケースに近い形で扱える、コクヨのMedia Passを購入しました。

とりあえず20枚分を詰め替えてみると、こんな感じでかなり薄くなります。
(クリックで拡大)
mp.jpg

というわけで、詰め替えてみての感想を少々。

裏ジャケは両端の背ジャケを折って不織布のCDケースの裏に格納します。
その時に、収納時にタイトルを確認しやすいよう収納するとこうなるのですが
mp1c.jpg

そうすると、開いてCDを出す時に背ジャケとこすれるようになるので、この状態で使用し続けるとディスクがスリ傷だらけになってしまうような気がしました。
(不織布の裏側に背ジャケを折り込んでしまうと外側からタイトルが確認できない)
mp1on.jpg

帯がある場合は、帯が見えるように格納すれば、背ジャケは折り込んでしまってもタイトルは見えます。
mp1co.jpg
mp1oo.jpg

でも、帯がなくてもタイトルを確認しやすい状態で収納したいし、ディスクを傷だらけにもしたくない…


ということで、背ジャケを表ジャケに引っかけるというやり方で現在落ち着いています。
(皆さんどうされているのか、気になるところです。)
mp1o.jpg

閉じると、右端が空いてしまいちょっと不格好なんですが、そこは仕方ないと割り切って。
この辺を考えると、FDR製も悪くないのかも…なんて思います。
mp1c2.jpg

とりあえず、この状態で無印のCDを縦に入れる引き出しタイプのCD収納に入れてみたところ、タイトル確認も支障なく、良い感じ。
mp_in1_s.jpg

普通の棚に並べてみると、上記と比べて少しタイトルが確認しにくい感じでした。
mp_in2_s.jpg


Media Passには2枚組用というものもあって、こちらも購入してみました。
開くとこんな感じです。
mp2o.jpg

この2枚組用、裏ジャケは1枚分しか格納出来ないので、昔よくあった、CDケース2枚がくっついたような分厚いケースの場合、実質背ジャケが2枚あることになるので、こんな感じで無理矢理重ねて収納する感じになります。
mp2i.jpg

とりあえず、最初に1枚用を50枚分、2枚組用を10枚分買ったのですが、Amazonで1枚収納50枚分で約2000円(40円/枚)、2枚収納が10枚で750円(75円/枚)ということで、安くはないです。
50枚分の金額で、中古CD数枚買えてしまうので、ちょっとフクザツです。
とはいえ、1枚収納をもう50枚分注文してしまいましたけど…
色は白・黒の2色あります。


余談ですが、これに詰め替えてしまおうと思って引っかかるのが、スリップケース仕様のCDの存在。
J-Popの場合は割り切って捨ててしまうことにそれほど抵抗はないのですが、特にイスラエリトランスの場合、スリップケース仕様のものが多く、どうしようか迷い中です。
mp_dig_s.jpg

それほど貴重ではない作品に関しては、割り切ってしまおうかなぁ…なんて考えています。
中古で購入する時にスリップケースが無くても気にしないですしねー。

普通のジュエルケース仕様でも、貴重なCDだとちょっと二の足を踏んでしまいます。
Blue Planet Corp.の1stとかMystery of The Yetiの再発2枚組とか。

あと、倉木麻衣の「Fairy Tale」のギザギザ帯は格納するのがすごく大変でした(笑)
帯は収納できるサイズがある程度決まってしまうので、上手く収納できない帯もあると思います。
歌詞カード(表ジャケ)は、厚みがあったり、表面がつるつる加工だったりすると、ちょっとしまうのが大変です。

というわけで、価格が少々高かったり、モノによっては収納しにくいものもありますが、総合的に見て、オススメできます。
特にCDがありすぎて困っていてかつ、パッケージそのままでの保存に強い執着がない方は助かると思います。

ちなみにFDR製のソフトケースは、下記URLから無料サンプルを取り寄せることが出来ますので、興味のある方はお試しを。
http://cdsoftcase.com/contents/sample/index.html
私はまだ試していないので、試してみようかなぁ。



スポンサーサイト

theme : CD・DVD ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。