--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
09/30

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) Part.1 パッド

以前音源を上げてから随分間が開いてしまいましたが、Synth1でサイケデリックトランスを作ってみましょう!シリーズです。
今回はイントロのパッドです。
下の音声はパッド部分だけを取り出したもので、最初何も掛けていない状態からスタートして、LFO(P/W)ON→EQ ON→Flanger ON→Delay ONとなっています。
タイミングはコメントを参照してください。


まず、MIDIデータです。
s1t_jetpad_notes.png
ただDm7を弾いただけの単純なデータです。

次にSynth1を見てみましょう。
s1t_jetpad_synth1.png
※クリックで拡大

・オシレータ

まず、オシレータの設定を見ていきましょう。
オシレータ1はSaw波でdetune、FM共にOFFです。
オシレータ2はPulse波でトラッキングON、ファインチューンは少しずらして、音に揺らぎを出しています。
サブオシレータはOFF、Osc1とOsc2は50:50でミックスしています。

・エンベロープ

パッドですが、AttackやReleaseは特に長めに設定しておらず、ボリュームのオートメーションとディレイの余韻でやっていますが、ADSRは好みで良いと思います。

・エフェクト

一番のキモは赤で囲んだChorus / Flangerセクションです。
x2で設定していますが、ここはx1でもx4でも好みで良いと思います。
今回のような感じを出したい場合は、timeとrateを遅めに、depthとfdbkを深めに掛けると良いです。
もっとエグい感じにしたければ、timeとrateを早めにすると結構強烈になります。
depthとdfbkはキツ目に掛けたい時でも、最大値よりも、少し手前の方が良い場合も多いです。
Chorus / Flangerセクションの詳しい説明は、【Synth 1】Chorus/Flangerセクションをご覧ください。
Delayは掛けると、音が拡がりますし、Flangerもより効果的になります。

・LFO

LFOはDestinationをP/Wに指定してあり、ONにすると、地味ですがほのかに音の輪郭がぼやける感じがすると思います(Osc2がパルス波なので、そこに掛かります)。

・その他

これだけでは低音域が邪魔になるので、以前紹介した、LinearPhaseGraphicEQ2を使用して、低域をバッサリ切っています。
s1t_jetpad_eq.png

このような感じのパッドは、フルオンなどを聴いているとたまに出てきます。
音に拡がりがあり、スペーシーな音ですので、それっぽい雰囲気を出したいときに重宝すると思います。


※パッドの前に入っている音はSynth1ではないので割愛しましたが、あの音は、キックのサンプルを使用していて、最初の音はサンプルをリバースさせたもの、その後の音は思い切りリバーヴを掛けた音です。
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


2012
09/27

【雑談】リニューアルしました!

ブログのデザインをリニューアルしました!
ミニマルな感じが好きなので、色数を抑えてみました。
ぜんぜんミニマルじゃないですが(´・ω・`)

今回はCSS3で組みました。画像やJavascript使わないで色々出来るし、今更だけど新鮮で楽しい。
IE対応は、レイアウトが崩れない程度にしかしていません。
色々調べたのですが、一番使えそうなcssPieはFC2ブログが*.htcを使えないので断念、jQueryを使う方法もあるようですがうまくいきませんでした。
他も試したけどうまく動かず。。。
ですので、IEだとかなりそっけなく見えてしまうかと思います。
これからのためにも是非モダンブラウザを!とか言っちゃって(笑)

IE9は対応したつもりですが、今のところ環境がないので未確認です。
Firefox、IE8、Chromeでしか確認していませんので、他では崩れてるかもしれません。
素人に毛が生えた程度なので、コードもあまり綺麗じゃないだろうし、どこで崩れてるかわかりません。

しかも、家にPhotoshopがなくて面倒だからという理由だけで、TOPのロゴも文字です。
ロゴくらい画像使えよっていう感じですが…画像はアイコンくらいしか使ってないです。
そのうちファビコンも変えたいなー

カテゴリ一覧はヘッダメニューに入れてプルダウンにしちゃおうかなとか思ってますが、まだ迷い中なので、決まったら作ろうかと思います。


というわけで、今までより若干サッパリしたかなぁと思います。
身の回りが落ち着きつつあり、また更新を再開していきたいと思っていきますので、これからもよろしくお願いします!

※レイアウト崩れ等、ご指摘歓迎します!

theme : 雑記 ::  genre : 日記


2012
09/08

【トラブルシューティング】サンプル再生で音が出ない、2Mixがモノ出力される 等

久しぶりの更新になります。
今回は、他のDAWを使用されている方には申し訳ないですが、Cubaseに特化した内容になります。
Cubase4以降において、Media Bayや、ファイルメニューからのオーディオの読み込み時に、サンプルが再生されているのに音が出ないケースや、オーディオミックスダウンで全トラックを書き出した際に、ステレオ指定しているのにモノ出力されてしまうケースに対しての対策についてです。
オーディオミックスダウンに関しては、各トラック別に書き出すとちゃんとパンの設定が反映されているのに、全体を書き出すとモノ出力されてしまうこともあるので、戸惑っている方もいらっしゃるかもしれません。

これらのケース全て、Cubase4以降で搭載されたControl Roomにて、Moniterバスが設定されていないことが原因になっている場合があります。
Control Roomは、モニターとヘッドフォンを分けたりなど、有効に用いている方も多くおられると思いますが、特に設定されていない、気にされていない方も沢山いらっしゃると思います。
下記が設定方法です。
(記事内の画像は全てクリックで拡大します。)

まず、「デバイス」メニューの「VSTコネクション」画面を開き、スタジオタブを選択します。
cr_1.png

この画面で、デフォルトで準備されているMoniterバスのオーディオデバイスが「未接続」になっている場合は、「未接続」の部分をクリックし、表示されるオーディオインターフェースを選択します
cr_2.png
※ここで、何も表示されていない場合は、画面右上の電源ボタンをクリックし、ON(青色表示)にしてください。
 ONにしても何も表示されない場合は、画面上で右クリックし、Monterを追加してください。


そうすると、Moniterのデバイスポートの左右それぞれに出力先が設定されると思います。
cr_3.png

以上で設定は完了です。
これでサンプルの再生時に音が出ると思いますし、全トラックを2Mixで書き出してもステレオ出力されるはずです。
少し検証してみましたが、Moniterバスが追加されていれば、Control Room自体がOFFになっていても、サンプルの再生は問題なく行えるようです。
ステレオ書き出しまでは試していませんが…。

ということで、このようなシチュエーションで困っている方は試してみてください。
原因が特定しにくいかもしれないと思い、記事にしてみました。
どなたかのお役に立てれば幸いです。

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。