--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
11/08

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) 2 シンセ(1)

今回は、Synth1だけでサイケデリックトランスを作ってみよう!企画の第2回です。
この曲の冒頭から出てくる、フィルターの掛かったコード一発のシンセの音を作っていきます。


まず、MIDIデータです。
psy_03_chord_shot_data.png
以前のパッドと同様Dm7を鳴らしただけの単純なデータです。

音は、【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン)使用プリセットでリンクから配布しているSynth1のプリセットの「Chord Shot」という音色を使います。
psy_03_chord_shot.png
※クリックで拡大

今回のキモは、赤で印を付けた、Amplifier、Filterそれぞれの設定、特にADSRの設定です。
ADSRについては、【Synth 1】基本的な音作り - エンベロープジェネレータで以前に説明しているので、そちらをご覧ください。

オシレータは、片方パルス波を使用しているのは、LFOで揺らすためで、特にこの波形でなければいけないということはありません。お好みで。
フィルターはADSRで変化させる場合は、「amt」で設定します。
amtの考え方については、【Synth 1】フィルターセクション Part.1 - エンベロープの後半で説明しているので、そちらをご覧ください。

下のサンプルにて、段階的にパラメータを変更していますので、こちらで変化を確認していってみてください。

オシレータやフィルターの設定は変えずに、主にADSR変更に伴う変化がわかるようにしています。
また、最初からDelayはON、EQにて300Hz以下は切っています(EQ処理はお好みで)。

このサンプルで、特に音のニュアンスに影響するのは後半、FilterのADSRを変更するところからになります。
後ろから1つ手前のサンプルの時に、FilterのAttackを変更し、音の立ち上がりのニュアンスを調整しています。
(Decayも変更していますが、設定が長めになっているので、このサンプルでは影響していません。手元に鍵盤がある方は、長めに押さえてみてください。)
そして最後のサンプルで、音の終わりのニュアンスを調整し、開きっぱなしのフィルターを閉じるような形になっています。

このようなコード一発の音というのは、サイケデリックトランスでは頻繁に使用されていて、今回のようなものに限らず、様々な音作りがされているので、色々聴いてみて、音の引き出しを増やすのも良いかと思います。

今回は以上です。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。