--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/03

【DTM設備】小型DTM機材のスヽメ

今回は久々に機材の話題です。

KORGがnanoシリーズを発表して早数年、他メーカーも、持ち運びに困らないほどの省スペースな製品を発表しています。
更にiPhoneやiPadの普及により、これらの端末に対応した製品も発売され始めています。
今回はそれらについて、見ていけたらと思っています。

MIDIコントローラ

以前から25鍵などの比較的小型のMIDIキーボードはありましたが、KORGのnanoシリーズをキッカケに、コンパクトの基準が変わったのではないかと思います。
現在では老舗のAKAIや、IK MULTIMEDIAなども加わり、ラインナップが充実しつつあります。



KORGは、キーボード、フィジカルコントローラ、パッドと一通り揃っています。
また、M1 Leや、有名エレピ音源Lounge Lizardのフリー版等、バンドルが充実しているのも魅力。
鍵盤を扱える方や、MIDIをリアルタイム録音する方などはnanoKEYでは物足りないと思いますが、nanoKONTROLとnanoPADは結構便利だと思います。
nanoPADはカオスパッド的な使い方も出来て中々面白いです。
ただ、nanoKONTROLに関しては2代目になってシーン機能がなくなってしまったのが残念です。
私は中古で初代を探して、それを使っています。

もう少し鍵盤らしいものを…というニーズがあったかどうかはわかりませんが、KORGのmicroKEYのような、従来のキーボードとnanoKEYの中間的な位置づけのものも発売されています。



iPhone、iPadとの連携

最近は、iPhoneやiPad対応のDAWや音源なども増えてきています。
先日は、SteinbergがiPad版のDAWとしてCubasisを発表しました。
Arturiaも対応アプリを発売しているようです。
ただ、何より、IK Multimediaの力の入れようが凄いです。
IK Multimedia モバイル・デバイス製品一覧

例えばこのキーボードは、iPadやiPod、iPhoneとの接続が可能です。



オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは元々あまり大きいものではありませんが、こちらでもコンパクト化が進行しています。
圧倒的な価格で人気のBEHRINGERからはASIO搭載の超小型I/Fが発売されていますし、プロ御用達のRMEからもBabyfaceという小型I/Fが発売されています。


音源など

やはりコンパクト系や面白いモノはKORGが強いです。
KORGはMONOTRONやMONOTRIBE、カオシレーターなど、比較的安価で面白い製品を多数発売しています。


本気どころのコンパクト音源としては、AccessのVirus TI SnowやWaldorfのBLOFELD辺りでしょうか。


I/FやMIDIコントローラはある程度数が出てきて、特にMIDIコントローラはある程度形が決まってきていますが、他の機材も含め、これからどうなるか気になりますね。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。