--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
12/23

【フリーVSTi】Rez

今回はアナログ系のモノシンセVSTi「Rez」です。
rez3.jpg

rez2.png

さっきまで知らなかったのですが、このVSTi、昨年くらいにバージョンが2から3へアップデートされたようです。(上がv3.0)
バージョンアップに伴い、シーケンサの追加やUIの変更が行われたようです。

  1. 概要
  2. demo音源
  3. ダウンロード
  4. ポイント
  5. バグ

○●トランスにも最適な、少しクセのあるモノシンセ●○

まず、このシンセはモノシンセで、和音は出ません。
ですがシンセの基本的な機能、波形は揃っていて、デチューンやサブオシレータ、エフェクトなどといった機能も搭載しています。
Synth1のようにクセがなくオールマイティーなシンセというよりは、このシンセなりの色やクセがあって、そういうものが欲しいときに…というような使い方が適当かなと思います。
また、対応は32bitWindows OSのみのようです(バージョンアップしたのに・・・)

○●demo音源●○

デモは、UGOのサイトにも幾つかありますが、今回はトランスに特化して2つほど、HDDから引っ張り出してきました(古い音源なので、クオリティは・・・ですが)
どちらもv2.0を使用していますので、そこはご了承ください。
また、どちらもVSTエフェクトはある程度使用しています。

<ゴアトランス風>

こちらはメインのリードで使用しています。

<サイケデリックトランス風>

こちらもメインのリードと、それに加えて後半に入ってくる浮遊感のあるアルペジオで使用しています。

○●ダウンロード●○

http://www.ugoaudio.com/plug-ins/rez
ver3のダウンロードと、デモ音源があります。
また、追加のプリセットも安価で販売しているようです(1つ$10、3つで$25)。
こちらのシンセ、String Theoryなども人気があるようなので、他のものも見てみると良いかもしれません。

○●ポイント●○

このシンセは、デモのようなリードはもちろん、設定しだいでフィルターが結構強烈に効くので、SE寄りの音もいけます。
フィルターは効き方にクセがあるので、カットオフやレゾナンスで思い通りに行かない場合はヴェロシティなどもいじってみましょう。
またフェイザーやディレイも搭載されていますので、これらのエフェクトも有効に使うとエグめの音や浮遊感のある音も作れます。

○●バグ●○

このシンセ、音は良いのですが、深刻なバグがあり、バージョンが上がっても改善はされていないようです。
こちら、同じプロジェクト内で複数立ち上げると、次に開く時にフリーズしたりします数回に一回は開く)。
これはやってしまうとプロジェクト自体が危ういので、下記の回避策を講じておきましょう。

・同一プロジェクトで立ち上げると思われる数だけdllをコピーし、リネームしておきます。
 (Rez v3-1.dll, Rez v3-2.dll~などのように)
・プロジェクト内から読み込むときは、同じファイルを使用しないようにすれば回避できます。


個人的にお気に入りのシンセで、特にサイケデリックトランスなど、エグめな音やアシッド感のある音が欲しいときに使うことが多いです。
(Ver3も早く入れて使ってみなくては。。。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。