--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/02

【PsyTrance】Son Kite / Colours

昨日に続いて、本日はSon Kiteの名盤「Colours」のレビューです。
DIGCD015.jpg

このアルバムは、Son Kiteの3枚目のアルバムで、自身がオーナーを勤める、プログレッシブトランスを代表するスウェーデンのレーベル、Digital Structuresから2004年にリリースされたものです。
ここ数年は彼らのミニマルテクノのユニットであるMinologueでの活動に重点を置いているようです。

前作まではミニマルトランスに近い硬質で太い音が中心でしたが、今作では、太さはそのままに弾力性のある、ハウシーなグルーヴにシフトしています。
キャッチーなメロディや、ほどよい塩梅のヴォーカルやボイスサンプルもあり、非常に聴き易くかつ素晴らしいアルバムになっています。

1 Other Side
2 Focus
3 On Air
4 Game & Watch
5 Let Us Be
6 The Stars Within Us
7 Jukebox
8 Made To Move
9 Colours


#1のキラキラしたシーケンスから始まり、地味ながらもパッドやエレピのコード弾きが気持ち良い#2、シングルカットされた#3と続いていきます。
ハイライトは#4、#5辺りで、#4はシンプルながらもキャッチーなメロディリフが、#5はヴォーカルやシンセの浮遊感がとても気持ちいいです。
後半はギターやボイスサンプルをフィーチャしたトラックを絡めながら、前半より少しだけグルーヴは硬めに、でも浮遊感はしっかりと保ちながら展開していき、#9では、#1のオープニングと同じシーケンスで幕を閉じます。
個人的なオススメは#3、#4、#5辺りです。


アルバム全体を通して音数が少ないアプローチなので、細かいところまでしっかり作りこんでいることがよくわかります。
とても完成度の高い作品だと思います。

試聴はSaiko Soundsからどうぞ。
Digital Structuresはプレス数が少ないのか、割と入手しにくいものも多く、この作品も入手が難しいです。
CDにこだわるのであれば、Discogsなどを使ったほうが安いかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。