--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/26

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) 4 上昇音1

Synth1だけでサイケデリックトランスを作ってみよう!企画の第4回です。
今回はイントロに使用している上昇音のセッティングを見ていきます(30秒過ぎあたりが初めての使用です)。

Synth1 PsyTrance向けプリセット

この音は曲中に幾度か使用していますが、イントロのみ和音、他は単音になります。
[イントロ]
high_up2.png

[その他]
high_up3.png
イントロのデータは、この曲で何度か使っている、Dm7の和音を打ち込んだもの、その他は単音を置いただけのデータです。
ここは音階のある部分ではないので、雰囲気がそれっぽければ良いと思います。

次にSynth1を見てみましょう。
high_up1_1.png
ベースとなる音は、【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) Part.1 パッドとほとんど変わりませんが、ここではLFOを設定することで、ピッチに変化を作っています。

・LFOの設定

ピッチに変化を与えるために、掛け先はosc1,2にします。
そして波形は三角波に、スピードは8小節(上昇が4小節なため、倍を設定)、変化量(amt)は最大、そしてテンポシンク、キーシンクはONにしておきます。
テンポシンクをONにすることでテンポと同期した設定が可能になり、キーシンクをONにすることで、打鍵時にLFOの周期がリセットされます(今回の場合、打鍵後から上昇していく音を作っていくことができます)。
LFOに関して、詳しくは【Synth1】LFOセクション Part.2をご覧ください。

・ディレイ、EQ

ディレイ音を少し多めに混ぜることで、デチューン的な効果が生まれ、音に拡がりと厚みが出ます。
また、EQで低域をカットすることで、より全体をサッパリさせることが出来ます。
今回は300Hz以下をバッサリ切っています。

それではサンプルを聴いてみましょう。

最初はLFOもDelayもOFF、次にLFOをONで、上昇だけでなく下降も含めた周期全体、最後はLFO、Delay共にONで、曲中で使用しているのと同様の、上昇のみのものです。
EQは最初からONです。
冒頭を聴いて頂ければわかるように、以前のパッドとほぼ同じ音がベースになっています。
音の終わり目は、ADSRで調整したり、オートメーションを書くなりして、自然な感じにするのがベターかと思います。

今回はLFOを使いましたが、ピッチエンベロープを使用するのが一般的かと思います。
そちらの方法は、この曲で使用しているもう一つの上昇音の時に説明できたらと思っています。

このような上昇音はフルオンでは特によく使用されていますが、トランスに限らず、様々な音楽で耳にする機会があると思います。
音を揺らすなど、様々なバリエーションがありますので、色んな曲を聴いたり、シンセをいじったりして引き出しを増やすのも良いと思います。

・Reference

関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。