--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
02/03

【Synth1で曲を作る!】Trance(フルオンサイケ) 5 シンセ2

Synth1だけでサイケデリックトランスを作ってみよう!企画の第5回です。
タイトルが長いので、今回は少しタイトルを短くしました。
さて、今回はリズムが入ると同時に鳴る、ちょっとキラキラした感じのシンセFXです(曲中37秒辺りから)。


早速打ち込みデータを見ていきましょう。
twkl_shot2.png
もう見飽きたかもしれませんが・・・Dm7を打ち込んだデータです。

次にSynth1の設定を見ていきましょう。
twkl_shot1.png
ここでは幾つかの要素を組み合わせて、ノイジーだけど煌びやかな感じのする音を作っています。

オシレータ2の設定

この音では、オシレータ2のみを使い、波形はノイズに設定しています。
ノイズは基本的に音程を持ちませんが、オシレータシンク(sync)をONにすることで、音程を持たせています。
また、ここではリングモジュレータもONにしています。
これらの使い方は、【Synth 1】オシレータセクション Part.2をご覧ください。

フィルター

フィルターでは、カットオフを少し高めに、レゾナンスもかなりキツめに設定しています。
また、サチュレーションを思い切り掛けることで、音の粒子が粗くなったようなニュアンスを出しています。

エフェクト

エフェクトでは、アナログの歪みを意識して作られた「a.d.1」というエフェクトを使用しています。
Synth1に搭載されているエフェクトは割りとチープな感じがしますが、今回のように、逆にそれが効果的になるケースもあります。
上記のほかに、ディレイとコーラスをそれぞれ掛けています。

それではサンプルを聴いてみましょう。
あらかじめ、EQで低域をカット、高域を調整しています。

最初はオシレータシンクがOFFの状態なので、ノイズが鳴っているだけのような音です。
シンクがONになってからは、リングモジュレータON→サチュレーションON→エフェクト(歪み)ON→コーラスON→ディレイONという流れで、それぞれ設定することでどのように音が変化するのかがわかるようにしています。
最後に、曲中で同時に鳴らしているアルペジオを一緒に鳴らしています。
次回はこのアルペジオの音に関して書いていけたらと思っています。

今回のような音だけでなく、Synth1ではかなり幅広い音作りが可能になっています。
思ったように行かなくて、色々いじりまくっていたら、「今は使えないけどいつか使いたいかも」といった音が出来ることもありますので、プリセットを鳴らすだけではなく、色んなパラメータを触ってみると更に面白いと思います。

・Reference


関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

No title
作曲ビギナーです。
非常にわかりやすくて、いつも読ませていただいてます。
psytra好きなのでいろいろ調べてはみたものの、やはり音作りで躓いてる状態です。
続編も楽しみにしています。
Re: No title
三星さん

嬉しいコメントをありがとうございます。
そして、ここ数ヶ月更新が滞っており申し訳ありません。
PsyTranceは音作りが独特で難しいですよね。
ちょっとバタバタが続いておりますが、折を見て更新できたらと思っております。

企画しておいて全然進んでおらず申し訳ないです;;
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。