--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
12/22

【トラブルシューティング】音が出ない Part.2

音が出ないケースについて、以前にOS、DAWレベルでの説明をしましたが、今回は少し違う角度で話をしていこうと思います。


MIDI・オーディオのメータの確認
入出力先を確認
ミュートの確認
トラックの選択の確認
その他


○●メータの確認●○

MIDIコントローラを弾いても音が出ない、または曲を再生しても音が出ない場合は、それぞれのメータを確認しましょう。
Cubaseの場合はトランスポートパネル(F2で表示/非表示)の右端で確認出来ます。
trans.png
赤丸部分の左側の赤いメータがMIDI入/出力、右側がオーディオの入/出力になります。
画像の場合、MIDI入力がされて、音源が鳴って、音が出力されています。

MIDIコントローラを弾いて赤いメータが触れない場合は、そのトラックに対するINを、音が出ない場合はそれぞれのトラックに対するOUTの設定を確認する必要があります。
次の項で確認方法を説明します。


○●入出力先を確認●○

トラックに対しての入出力先の設定を確認します。
これはCubaseではミキサー画面上部でまとめて確認が出来ます。
mixer.png

・MIDIトラック

一般的にMIDIトラックのINにはMIDIコントローラ等のMIDI入力をするものが設定され、OUTには指定した音源やVSTプラグインなどが設定されます。

・オーディオトラック

オーディオトラックのINにはオーディオI/Fの入力が、OUTにはI/Fの出力が設定されます。

・音源

Cubaseの場合、ミキサーを見ると、VSTプラグイン等を読み込んでいる場合はそれぞれのプラグインに対してミキサーにトラックが作成されています。
それぞれのOUTにはI/Fの出力が設定されます。

以上の設定が正しくされていない場合、設定を正しく直す必要があります。

MIDIトラックに関しては、画像のようにトラックの設定部分で確認・変更する方がわかりやすくて良いと思います。
outが未接続になっている場合はそのトラックは鳴りませんので、気をつけましょう。
vsto.png

また、ミキサーを開かなくても、それぞれのトラックの選択時に表示される部分(インスペクター)でも設定の確認・変更が可能です。
全てのトラックを一度に見渡す必要がなければ、こちらの方が使いやすいと思います。
insp.png


○●ミュートの確認●○

単純な話ですが、トラックにミュートが掛かっていないか、特定のトラックがソロになっていないかを確認しましょう。
トラブルでパニックになっているときに限って、このような簡単な部分を見落としている場合があります。
mute.png


○●トラックの選択の確認●○

これはMIDIコントローラでの演奏時に関してです。
MIDIコントローラは選択されたトラック、またはチャンネルに対して出力を行います。
そのため、何も選択していない場合や、オーディオトラックを選択している場合などは、鍵盤を弾いても鳴りません。
ですので、こちらで鳴らしたいMIDIトラックを指定する必要があります。
方法は、単純にクリックするだけです。
Ctrack.png
※音源によっては、トラックに設定されているチャンネルとMIDIコントローラのチャンネルを合わせないと鳴らないものもあります。
この場合は、MIDIトラックのチャンネルを「1」としてみてください。


○●その他●○

上記の項目で説明した箇所を確認しても解決しない場合は、OSやDAWの設定を確認してみましょう。

MIDIコントローラを弾いてもMIDIメータの反応がない場合は、コントローラが正しく接続されているか、インストールされているかを確認しましょう。
Cubaseでは、Cubase起動後にUSB接続のコントローラの電源を入れても認識しません。
DAWやOSの再起動を試して、解決しない場合はドライバの再インストールも試してみる価値はあります。



トラブルというのは、このように実際に起こっていない時に想定したものだけでなく、それ以外の現象も多々起こりうるので、どの程度お役に立てるかわかりませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。