--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11/24

【DTM設備】PCえらび

まずPCについて、以下の項目に分けて考えてみましょう。

・OS
・スペック
・PC選び
・加えて

○●OS●○
まずOSについてはWindowsとMacがありますが、前に触れたようにこれは好みだと思います。
ただ、お金を掛けずにフリーのものを使って音楽を作っていこうとした場合、Windowsの方がフリープラグインが多いようです。

Windowsにも現行ではXPやVista、7がありますが、これは購入するDAWだけでなく、VSTのことを考えなければいけません。
XPでは、特にXPのみで不具合があるというものは記憶にありません。
対してVistaや7では、現状非対応のVSTがあるということ、またフリーに関してはいつ対応するかわからない、最悪使えないという覚悟がある程度必要なようです。

ですので、DTMをやるのでしたら現時点ではXPをお奨めします。
私はXPをとても気に入っていて、サポートが終わっても音楽製作用のオフラインマシンとして使用しようかと思っているくらいです。
7や、特にVistaではXPと比べると大分思いようですし^^;
ただ、XPは2014年にサポート終了予定ですので、これから購入する方はそれを踏まえた上で検討してみてください。


○●スペック●○
次にスペックですが、これはまず購入するDAWの推奨環境に拠ります。
最低動作環境より、推奨環境を参考にされた方が良いかと思います。
推奨環境を満たしていても、トラック数や読み込んだVSTの数によっては重くなったり、再生すらままならないという状況になりえます。
ですので、予算が許せば、ある程度余裕を持って選ぶのが良いです。

例えばですが、Cubaseでお話をすると、現在の最新であるCubase 5の推奨環境は以下のようになっています。

CPU:Intel/Athlon 2G以上(Dual Core推奨)
メモリ:1G以上
ハードディスク:4G以上の空き


CPUですが、現在はIntelのCore2Duo等を搭載しているPCは結構安いです。
余裕があればCore2Quadの方が良いかと思います。
i7は静音の点で少し課題があるようですね。
Athlonについてはわかりません、すいません。

メモリも購入時に確認するべき事項ですが、現在は2GBや4GB搭載のマシンも多いですし、後から増設も可能です。
PC購入時に増設をお願いしてしまえば、工賃は掛かるかと思いますがやってくれますし、自分でも静電気さえ気をつければ割と簡単に増設することが出来ます。
メモリは4G載せても載せすぎということはないです。
※64bitOSを使用されている方は別ですが、基本的にメモリ増設は4GBまでです。

ハードディスク(以下HDD)は、今PCを買えば大体500GB以上のものが載っているので問題ないと思います。
パーティションを切る方はCドライブに40GB程度はとっておいた方が良いでしょう。


○●PC選び●○
PC選びですが、まず有名家電メーカーのPCに絞って選ぶ必要はありません。
確かにデザインも良く、家電量販店などでも目に入りやすいですが、単純にスペックと価格のバランスを考えるとドスパラやソフマップ、DELL等を基準に選んだ方が安く上がると思います。
また、後者では様々なアプリケーションがインストールされているということもないので、最初からあまり使わないソフトに容量を取られるということもありません。

ノートかデスクトップかですが、単純に値段とスペックのバランスを見た場合、当然デスクトップの方が安いですし、拡張性もあります。
ですので、机等決まった場所で作業をする方で、場所的に問題なければデスクトップをお勧めします。
外出先で作業をすることが多かったりする方はノートの方が便利かもしれません。

デスクトップではハイタワー、ミニタワー等の定番に加えて、キューブなどの省スペースな形も多いです。
デスクトップの場合、慣れてしまえばボードやメモリの増設等、カスタマイズを自分で行うことが可能です。
注意が必要なだけで、特別な技術は必要ありません。



TVチューナやグラフィックボード等を増設されたい方は、先ほど触れたスペックの他にも、PCIやAGP、PCI Express等のスロットについても確認してみてください。
いざ店に足を運んで、わからなくても店員さんに聞けば教えてくれると思います。

Firewire(IEEE1934)ポートがないPCの場合はFirewireのカードをPCIスロットに増設する必要がありますが、お願いすればお店の方で増設してくれるのではないかと思います。
工賃は掛かるとは思いますが…。
増設に関しては、希望がありましたらこちらでも取り上げさせていただきます。


○●加えて●○
最後にPC周辺の事にも少し触れてみようかと思います。
まず、大事なのが外付けハードディスク(HDD)です。
パソコンももちろん壊れます。
データが飛ぶこともあります。
そういう時のために、バックアップを取っておくHDDを買っておくことをお奨めします。
容量としては320~あればまず大丈夫だとは思いますが、現在500GBや1TBも安価ですし、予算と相談して必要なものを選んでいってください。



外付けHDDとマザーボードの相性によっては、HDDをUSBポートに挿しっぱなしで電源を入れると立ち上がらない不具合があるようですが、それに関しては、OSが起動してからUSBポートに挿したり、HDDの電源を入れる等すれば使用できます。


マウスですが、もちろん付属のマウスで十分なのですが
・使いにくい
・もっと使いやすいものが良い
・マウスにはPS/2ポートを使用したい
などの場合はマウスを別に購入することも考えましょう。

私はMicrosoftの両利き用マウスを使用しています。


以前は他メーカーのマウスを使用していましたが、こちらの方が疲れにくいです。
私は右利きなのですが、右手が疲れてきた時等は左手に持ち替えて作業したりするので両利き用を使います。
また、これにはUSB→PS/2変換アダプタが付属していますので、どちらにも使うことが出来ます。
ただ、サイドボタンに左手が当たってしまうのがちょっと難点です^^;

トラックボールという選択肢もあります。


マウスかトラックボールかは好みでしょうか。
トラックボールは使ったことないので使ってみたい。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。