--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11/28

【DTM設備】DAW

今回はDAWについて考えてみましょう。
DAWとは、MIDIやオーディオを統合的に扱い、作曲から録音、編集、ミキシング等一連の作業が出来るソフトのことです。

現在、DAWと一口に言っても色々なソフトがありますが、代表的なものをメインに話していこうと思います。

まず、検討する際に挙がるのは、Steinberg社のCubaseと、Cakewalk社のSonarだと思います。
これはどちらが良いと一概に言うのは難しく、好みの問題になってくると思います。
ただ、CubaseはWin/Macどちらも対応していますが、SonarはWindowsのみとなります。

私はCubaseを使用していますが、選んだ理由としては、ちょうどDTM環境を揃えようと思っていたときに、楽器屋でCubaseの無料セミナーがあって、基本的な使い方をそこで教わることが出来たことと、やりたい事が出来そうだという理由でした。

そのセミナーでも触れられていたのですが、Cubaseのメリットの一つとして、様々なVSTプラグインとの相性問題が他のDAWと比べて格段に少ないと言うことです。
今現在幅広く使われているVST(Virtual Studio Technology)という規格は、Steinberg社が開発したものですので、互換性に優れています。

Sonarは付属のプラグインがかなり強力なようです。

とりあえず曲を作ってみたいという方は、この上記2つ、どちらもCubase LE、Sonar LEとして、MIDIコントローラやオーディオインターフェースにバンドルされているので、そちらを検討してみても良いかもしれません。
Sonarは15日しか使えませんが、デモ版がダウンロード出来ます。


※Cubaseはグレードによって内容に差があります。詳しくは比較表をご覧ください。


※Sonarも同様、グレードによって差があります。詳しくは比較表をご覧ください。

上記2つと共にImageline社のFL Studioも人気で、こちらはクラブミュージックなどのループベースの音楽に適したDAWです(他ジャンルも勿論可能)。
打ち込みや編集がやりやすいようで、Cubase等のメインDAWに加えてこちらを使う人もいらっしゃいます。
こちらは体験版がダウンロード出来ますので、試しに使ってみたり、今現在お持ちの環境でDAWが起動出来るかの確認をするのに使うのも良いかもしれません。
体験版は曲の保存以外の機能は全て使えて、期限もないようです。

※こちらは英語版になってしまいますが、比較表がありますので、ご覧ください。

機能に加えて、ユーザの多さや情報の多さなどを考えても、上記の3つのうちいずれかが良いと思います。


他にはレコーディングスタジオの業界標準Digidesign社のPro Toolsや、リアルタイムなパフォーマンス性と直感的な操作性がウリのAbleton社のAbleton Live、Sony社のループシーケンサAcid、Macのみですが評価の高いApple社のLogic、同じくMacのお手軽DAWのGarageband等があります。
この中でも、Pro ToolsやAcidなどはフリー版もあるようですので、試しに使ってみるのも良いかもしれません。

また、ソフトシンセで評価の高いArturia社のDAW、Stormのデモ版もダウンロード出来るようです。


インターネット社のSingerSongWriterという国内シェアトップのDTM初心者向けソフトもありますが、オーディオ機能等では遅れをとっているようです。
MIDI打ち込みのみでしたら、SingerSongWriter Liteという製品があり、私は学生時代これを使用していました。
非常に操作がわかりやすいです。
体験版のダウンロードもあります。


※各グレードの違いについては比較表をご覧ください。


以上、あまり入り込んだ内容にはなっていませんが、DAWについて書かせて頂きました。
選ぶ際はインターネットのレビュー、楽器屋の店員さんなどの意見も参考にしてみましょう。
関連記事

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。