--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02/13

【capsule】CUTIE CINEMA REPLAY

capsuleレビュー第3弾は、2ndアルバム「CUTIE CINEMA REPLAY」です。

ccr.jpg

「music controller」でイメージチェンジ&これからの方向性の転換を提示しましたが、この作品で完全にラウンジ仕様、ファッションなども見せ方的なコンセプトも固まっていきます。
外部ミュージシャンも多数参加し、環境も一新。
曲のバリエーションも広いです。

1. open
2. sweet time replay
3. キャンディー キューティー
4. プラスチックガール
5. french lesson
6. music controller(piconova-mix)
7. おでかけGO!GO!
8. fashion fashion
9. ウダガワフライデー
10. close

現実感の排除された、雰囲気から作りこまれたような人工的な可愛さが特徴。
個人的に大好きなのは#2で、フレンチポップっぽい雰囲気や、甘めのメロディ・声がとても良いです。
#3はSonic Coaster Popらしい、完全に突き抜けてるピコピコポップ。
#4も個人的に好きな曲で、EeLをフィーチャした初期の代表曲。
キャッチーかつよく作られたメロディが耳に残ります。
声を完全に素材として捉えたような使い方が見られるのはこの辺りからじゃないかと思います。
#6は前回レビューしたシングルのリミックスで、ボッサっぽい、軽くて軟らかい感触が印象的。

他にも、本人が後に「ガッツある」と表現した#7や、"渋谷系"を言葉としてしか知らない私にはピチカートっぽく感じられた#9、インストに近い#5,#8など、ハイライトになる曲以外にも結構面白いです。
#5なんかはキャッチーなフレーズがどんどん出てきて、何気に良くできてるなぁって思います。


これ以降、この作品での外部の人間との関わりがキッカケとなってcontemodeが生まれたり、より"インテリアとしての音楽"として成熟した形でのラウンジポップが発表されていきます。





関連記事
スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。