--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02/21

【Synth 1】フィルターセクション Part.1

さて、Synth 1ですが、先回でオシレータセクションの説明を一通り終えました。
今回はフィルターセクションの説明をしていきたいと思っています。

filter.png

フィルターは音色を決めるにあたって最も重要な部分です。
ここで周波数を削ったり強調したりして音色を決めていきます。


フィルターのタイプ
カットオフとレゾナンス
エンベロープ


○●フィルターのタイプ●○
フィルターには幾つかの種類があり、それをフィルターセクションの右端で選択していきます。
「type」ボタンをクリックするか、赤ランプを直接クリックするかで変更できます。
filType.png

Synth 1に搭載されているフィルターは4種で、ローパスフィルター(12、24)、ハイパスフィルター、バンドパスフィルターになります。
それぞれについての詳しい説明はこちらを参照してください。


○●カットオフとレゾナンス●○
カットオフとレゾナンスは、左下にある2つのツマミで、カットオフは「frq」、レゾナンスは「res」になります。
カットオフはカットオフ周波数と言われる値を、レゾナンスはカットオフ周波数周辺をどの程度強調するかを調整します。
filFRes.png

詳しい説明はこちらを参照してください。


○●エンベロープ●○
このブログでも何度か説明をしているエンベロープです。
ADSRですね。
フィルターセクションには、ADSRに加えて、Amountがあります。
filEnv.png
エンベロープについての基本的な説明はこちらをご覧ください。

ここはなんとなくいじっていけば色々変わるのですが、イマイチ掴みにくいと思います。
ですので、以下の例で音の変化を見ていきましょう。



例1
まず、フィルターセクションの上にある「Amplifier」セクションの「R」を「0」にしておいてください。
filEx1A.png


それからフィルターセクションのツマミを以下のように設定します。

・[type]  : LP24
・[ADSR]  : 全て64
・[amt.]  : 30
・[freq]  : 40
・[res]  : 100
filtEx1.png


そうしたら適当に弾いてみましょう。
ちょっと立ち上がりの柔らかな音になりましたよね。
下の図が、この変化のイメージです。
「R」が点線なのは、アンプの「R」を「0」に設定してしまっているので、実質音が出ていないからです。
ですが、フィルターのエンベロープ自体は以下の図のように変化します。
filtEx12.png

まず、カットオフの設定値をスタートとします。
そこから「A」で設定した時間を掛けて、amtで設定した値まで行きます。
そうしたら「D」で設定した時間を掛けて「S」で設定した周波数まで行きます。
ここで思い出して頂きたいのは、ADSRのうち、「S」だけ時間ではなく、レベルであるということです。
A→Dの時間を経て、「S」で設定した値まで行くことになります。
「S」の時間は、打鍵している間維持されます。

「S」に関しては、「0」がカットオフ周波数と、「127」が「amt」と等しくなります。
ですので、ここで設定している「64」というのは、カットオフとamtのちょうど中間ということになります。

鍵盤を離した後は「R」で64を設定しているので、それだけの時間を掛けて「S」の値からカットオフ値に戻っていくのですが、ここではアンプの「R」を「0」と設定しているため、鍵盤から手を離した時点で音は消えてしまいます。
アンプの「R」を「64」以上に設定すると、「S」の値から「R」の時間を掛けてカットオフ周波数に戻っていくのが聴こえると思います。
試してみてください。


例2
まず、フィルターセクションの上にある「Amplifier」セクションの「R」を「90」にしておいてください。
filEx2A.png


それからフィルターセクションのツマミを以下のように設定します。

・[type]  : LP24
・[A]    : 64
・[D]    : 0
・[SR]   : 127
・[amt.]  : -30
・[freq]  : 90
・[res]  : 100
・[trk]  : 64(ここは今は気にしないでください)
filtEx22.png


そうしたらしばらく鍵盤を押し続け、その後離してみましょう。
鋭い立ち上がりから急激にこもった音になり、鍵盤を離した後もしばらくこもったままの音が鳴り続けたと思います。
下の図が、この変化のイメージです。
「S」が127の場合、「amt」から「S」への変化がないため、「D」の値を変えても結果は変わりません。
filtEx2P.png

まず、先ほどと同じように、カットオフ値をスタートとして、「A」の時間を掛けて「amt」設定値へ変化していきます。
また、「S」が「127」ということで、「amt」と同値の為、ずっと同じ音色が維持されます。
ここで「S」を「64」などに設定すると、「A」の後急激に「amt」→「S」へ変化するため、急に音色が変化します。
また、「R」でも「127」を設定しているため、鍵盤を離した後の変化は起こりません。
ここで「R」を「64」などに設定した場合は、その時間を掛けて、「S」からカットオフ値への変化が行われます。


ちょっとややこしいですが、このような感じになります。


次回はサチュレーション以降の説明をしていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。