--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02/22

【capsule】S.F. sound furniture

capsuleレビュー第5弾は4thアルバム「S.F. sound furniture」です。
sf.jpg

前作まではゲストを呼んでアルバム製作をしていましたが、今作ではゲストが随分と減ります。
内容の方は、可愛くてゆるいレトロフューチャ・ポップ。
これまでのcapsuleを表現するキーワードの一つである「レトロ」さに「未来感」がプラスされます。
楽曲はより充実し、しっかり作ってあるのにゆるくて、遊び心満載、聴いていると気持ちがプラス方向に持っていかれます。
タイトルが「SF(science fiction)」と「sound furniture」と、二重の意味で取れるように、"インテリアとしての音楽性"を保持したまま、SFな世界観を同居させています。
スタジオジブリとのコラボが始まったのもこの辺りから。

1. S.F.sound furniture
2. GO!GO!Fine Day
3. ポータブル空港
4. 宇宙エレベーター
5. Future TV
6. 未来生活
7. 壁に付いてるスイッチ
8. Super Scooter Happy
9. ミルクティーの時間
10. Ocean Blue Sky Orange
11. レトロメモリー


個人的にはほとんどの曲が好きですw

#2、#8は詞曲ともにキュートで、かつ勢いが気持ち良い曲。
#8は結構人気の高い曲。
#3はジブリとのコラボ「SF3部作」の第1弾。
capsuleの歌モノじゃないトラックの中でも屈指の完成度。
#4と#6はちょっと地味かもしれませんが、とても良い曲。
#7はもうとにかく遊び心爆発w
#10は柔らかなボッサラウンジ。
#11はcapsuleの初期で1曲代表曲を挙げるとしたらコレ!的な曲。
この曲はジブリとのコラボでハウスシチューのCMが製作された時の曲なので当時耳にした方もいるのでは?
capsuleのベストアルバムで、「L.D.K」より前の作品では唯一収録された曲です。(DVDを除く)


インタビューで、SF映画みたいに、その世界の生活ごと描くようなものを作りたかったと言っているように、思い切りSF的なものと、生活感のあるものが違和感なく同居しています。
またSFな曲の歌詞のアンバランスさも魅力で、例えば「宇宙エレベータ」と「未来生活」のようなものを同居させることで、この世界の魅力が増しているように思います。
ジャケットデザインに見られる、一般的には相容れない"木と金属"という素材としての組み合わせ、音楽としての組み合わせ、そしてこの世界観としての組み合わせ、全ての要素が関わりあっていて、とても興味深い作品だと思います。


「phony phonic」でほのかに感じられたSF的要素はこの作品でアルバム全体のコンセプトとなり、この妄想世界は次作「NEXUS-2060」で爆発します。



Youtube
SF3部作第1弾:ポータブル空港
※FLASH BESTの特典DVDに収録されています。







関連記事
スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。