--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
03/27

【capsule】capsule rmx

capsuleレビュー第10弾は、9thアルバム「capsule rmx」です。

rmx.jpg

前作から8ヶ月弱で発表されたリミックスアルバム。
今までの曲をエレクトロ期を中心にセレクトし、よりフロア対応にリミックスしています。
既存のものをいじったというよりは、もうイチから作り変えました的な印象の、大胆リミックスアルバムです。
本人によると、原曲を知ってても知らなくてもカッコイイと思えるものにしたかったらしく、リミックスする意味のある曲をチョイスしたそうです。
それで、元のを聴いてる方が良いと感じた曲に関してはチョイスしてないそうで、ラウンジ期の曲がほとんど収録されていないのはその辺が理由のようです。

ジャケットは今回も素材重ね系。
個人的にはこういう作り好きです。


1. capsule rmx →
2. jelly(rmx ver.)
3. Sugarless GiRL(rmx ver.)
4. CrazEEE Skyhopper(rmx ver.)
5. ポータブル空港(rmx ver.)
6. do do pi do(rmx ver.)
7. Lounge Designers Killer(rmx ver.)
8. Sound of Silence(rmx ver.)
9. グライダー(rmx ver.)

#1は定番のイントロで、唯一の新曲。
#2は代表曲のリミックスで、ポップさそのままよりパワフルに。
#3はエレクトロな音を使いながらも見事にポップスのフォーマットに収めた原曲とは違い、かなりフロアっぽいアレンジに。
Bメロが最後の最後でかなり力発揮してます。

#4は割と原曲と比べると変化が少ないかなという印象。
でもこっちの方がしっくり来ます。
#5は唯一ラウンジ期からのチョイス。
クラブミュージックの形を取りながらもフロアっぽさを感じさせない作りだった原曲をフロア対応に。
#6は意外なチョイスですが、見事にアップデートされてます。

#7は原曲のゴリゴリなグルーヴから、エレクトロ期のcapsuleらしい音になりポップになった印象。
#8もあまり思い切った変化はないように感じますが、こっちの方が断然好きです。
#9は、原曲にあまり感じなかったフロア的なエッセンスが思い切り入ってます。
音だけじゃなく、転調なども原曲とは違っています。


この後、2ヶ月後という異常なペースで新作が発表されますが、今までとはまた違った音楽を作り出します。
また、この年(2007年)辺りから、capsule以外のリミックスやプロデュースなどの外部ワーク今まで以上に増加し、Perfumeのブレイクなども手伝って、中田ヤスタカの知名度は一気に上がることになります。






関連記事
スポンサーサイト

theme : おすすめ音楽♪ ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。