--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
12/08

【DTM設備】MIDIコントローラ

MIDIコントローラとは、MIDIの信号をPCやシンセ等、各機器に送るためのものです。
わかりやすく言えば、コントローラの鍵盤を弾くことで音源の音を鳴らしたり、ツマミを回してパラメータをコントロールすることが出来ます。

これに関してはなくても作業は出来ます。
しかし、これがない場合、マウスや、PCキーボードのみで作業することになるので、非常に効率が悪く、ストレスの大きいものとなりますので、是非購入をお勧めします。


選ぶ際に気をつける点について考えていきましょう。


接続方法
スペースとサイズ
キータッチ
用途(タイプ)
(バンドルソフト)


○●接続方法●○
現在MIDIコントローラは、大体USBケーブル一本での接続が可能になっています。
PCでの使用のみの方でしたらUSB接続で十分ですが、シンセや音源に接続して使用するなど、PCを使用しない方は、電源+MIDIケーブルで使用出来るかどうか、念の為確認しておきましょう。


○●スペースとサイズ●○
自宅での作業ということで、スペースの問題があるかと思います。
鍵盤プレイヤーでしたらある程度音域が広いもが必要だと感じるでしょうし、音作りや範囲のあまり広くないシーケンスの作成などが主な方はコンパクトなものでも十分だと感じるかもしれません。
小さい分には問題ありませんが、例えばPCデスクの上に88鍵の鍵盤を置くというのは難しいかもしれません。
その際は49鍵や64鍵を検討するなど、自分の必要とスペースのバランスをよく考えて決めましょう。

最近は省スペース設計の製品も充実しています。
ノートPCでの作業が主な方などは検討してみてはいかがでしょうか。


コンパクトさに特化したものについてはKORGのnanoシリーズがあります。

それぞれ単品ですと5000円ほどですので、鍵盤に加えてツマミやフェーダが欲しい方などは、MIDIキーボードに加えてnanoKONTROLなどを購入しても良いかもしれません。


○●キータッチ●○
キータッチに関しては、音が出れば問題ないというかたはあまり気にならないかもしれませんが、ピアノ経験者や、キーボード奏者などの方は気になってくる要素かと思います。
これは実機に触ってしっくりくるものを探していくのが確実だとは思いますが、実機に触らないにしても、インターネットのレビューなどで調べた方が良いと思います。
ピアノタッチが良いという方には、ピアノの鍵盤を再現した製品もありますので検討してみてはいかがでしょうか。



○●用途●○
用途に関しては、以下にそれぞれMIDIコントローラのタイプについて項目別に説明していますので、それを参考に考えてみてください。



MIDIコントローラには幾つかのタイプがあります。
以下の項目に分けて見てみましょう。

・ほぼ鍵盤のみのもの
・鍵盤の他にツマミ等のコントロールが充実しているもの
・ツマミやフェーダのみのもの
・パッドタイプ

それぞれ見ていきましょう。


○●ほぼ鍵盤のみのもの●○
鍵盤の他にはピッチベンドやモジュレーション等が搭載されたシンプルなタイプです。



○●鍵盤の他にツマミ等のコントロールが充実しているもの●○
鍵盤やベンド、モジュレーションのコントロールの他にもツマミやフェーダなどが搭載されているものです。
私はこちらをお勧めします。
ツマミやフェーダ、ボタン等には、アプリケーションを使ってそれぞれにCCなどを割り当てることが出来、これによって、市販のものはもちろん、フリーのものも各コントロールにCCが割り当てられているものはパラメータをコントロールすることができます。
(市販のものはまずCCは設定されているとは思いますが、例外があるかもしれません)

ツマミ等でパラメータをいじれるというのは結構強みで、マウスでドラッグしたりしなくても、コントローラのツマミを回すだけで音が変化するというのは直感的でとても便利です。



○●ツマミやフェーダのみのもの●○
鍵盤が搭載されていないタイプです。
前述のような鍵盤が搭載されているタイプを「MIDIキーボード」、それに対してこちらを「フィジカルコントローラ」と呼んだりします。
外観的にはミキサーに近いです。
用途としては、DAWのミキサーのコントロールに使うのはもちろん、シンセのパラメータのCCを設定して、シンセのコントローラとして使うようなことも出来ると思います。



○●パッドタイプ●○
パッドを装備した、打楽器向けのコントローラです。
打楽器的な用途の他にも、MIDIメッセージを割り当ててコントロールスイッチ的な使い方も出来るようです。





○●バンドルソフト●○
MIDIコントローラにもオーディオインターフェースのように、購入してすぐに音楽製作に取り掛かれるように、DAWなどがバンドルされてるものがあります(EDIROL PCR-500など)。
海外ブランドのNovationのReMOTE SLシリーズなどは、Bass Stationのソフト版がバンドルされていたりします。
その辺りも検討する際に考えてみると良いかもしれません。


以上のように、ざっと挙げても様々な検討要素があります。
それぞれのニーズやスペースなどを考えて、自分に合ったものを選びましょう。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。