--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
09/19

【Synth 1】Voiceセクション Part2

今回はVoiceセクション第2回、ポルタメントについてです。

ポルタメントとは、出発音から到着音の間を連続(無段階)的に移動する奏法のことで、ヴァイオリンやトロンボーン等によく見られるものです。
この表現はシンセでも一般的で、モノシンセらしい表現の一つです。
ポリモードでも可能ですが、モノやレガートで掛けた方がより"らしく"なります。

mode_prt_prt.png


それではSynth 1で見ていきましょう。
mode_prt.png
Synth 1のポルタメントのコントロール部分はこのようになっており、ポルタメントタイム(遷移時間)を設定するツマミと、「auto」ボタンで構成されています。

ポルタメントタイム
オートモード


○●ポルタメントタイム●○
ポルタメントタイムは、この記事の冒頭で出てきた図で言うと、次のピッチへ向かう矢印の長さになります。
長い方が滑らかに感じられます。

これを設定するのは、Portamentoセクション左のツマミです。
左に振り切った状態が「0」で最小値、右に振り切った状態が「127」で最大値になります。
「0」の状態がOFFになり、1~127がONの状態になります。
値が小さいほど遷移にかかる時間が短く、値が大きいほど遷移にかかる時間が長くなります。
あまり値を大きくしすぎると、音がウネっているだけで何を弾いているかわからない状態になります。


○●オートモード●○
オートモードは、前回モノモードで説明したような、音を途切れないように弾いた場合にのみポルタメントが効くようにする為の機能で、LEDもしくはボタンをクリックすることでON/OFFすることが出来ます。
prt_auto.png

autoがOFFの場合、前回打鍵した時から間が空いていても、打鍵した時に前回のノートを引き継いでポルタメントされてしまいます。
そうすると、ポルタメントを掛けたくなくても掛かってしまうケースが発生するので、自分の意図した時だけポルタメントが掛かるようにする、という機能です。
mode_prt_auto.png

ポリモードでオートをONにすると、ポルタメントが効かなくなるので注意しましょう。
わざと残したい時はOFFにすればOKです。



ポルタメントについては以上です。
シンセの特徴的な機能かつ、ジャンル問わず使われる機能です。
設定も簡単なので、ある程度使ってみて、自分の出したいニュアンスが出せるようにしておくと便利かと思います。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。