--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
02/19

【フリーVSTi】Iblit

Synth1の使い方などと並行して、おすすめフリーVSTについても書いていきたいなと思っています。

初回は定番ベースシンセ、Iblitです。
Iblit


  1. 概要
  2. demo音源
  3. ダウンロード
  4. ポイント

    1. ○●ベースに最適な、シンプルかつ出音の良いシンセ●○

      3オシレータ1ノイズでモノで、フィルターとLFO搭載というシンプルな構造です。
      モノシンセらしさの一つであるポルタメントもしっかり装備。
      シンプルで太い出音です。
      midi learn対応も嬉しいところです。

      オシレータの波形はSaw/Pulseの2種類、フィルターはローパス/ハイパスの2種類です。
      モノフォニックですが、それぞれのオシレータにピッチを設定して、和音を出すことも可能です。


      ○●demo音源●○

      あまり丁寧に仕上げをしていないので、そこはご勘弁ください。
      <テクノ風>
      キック以外は全てIblitで、計6台使用しています。


      加えて、PsyTranceに関しても書いてますので、PsyTrance風、Goa Trance風も作成してみました。
      <PsyTrance風>
      ベースがIblitです。


      <イスラエル産Goa風>
      こちらもベースがIblit。


      こんな感じで、サイケやゴアのベースにも全然使えます!
      使っている方も多いとは思いますが、まだの方は是非導入を検討してみてください。


      ○●ダウンロード●○

      http://www.bostreammail.net/ers/iblit.html
      ポリフォニック版もあります!
      http://www.bostreammail.net/ers/polyiblit.html


      ○●ポイント●○

      ・ベロシティ

      Iblitを使用していて、ベロシティを設定しているのに効かない!
      というケースがあるかもしれません。
      その時は、右側のdcaセクションをチェックしてみましょう。
      "velo curve"が"off"になっていると、ベロシティは固定になります。
      ですので、可変にしたい場合は、下記画像のように、"off"の部分をクリックして、"lin"か"log"二つのベロシティカーブから選びます。

      また、velo curveを設定しているのにベロシティが可変にならない場合は、隣の"velo depth"の設定値を確認しましょう。
      "+"にいけばいくほど感度が良くなります。


      ・midi learn

      iblitにはMidi Learn機能もついており、これを使えばMIDIコントローラのツマミでパラメータをコントロールすることが出来ます。
      画面右上の青い部分の"midilearn"がデフォルトは"off"になっていると思いますので、そこをクリックして、"on"にします。

      そうすると、各パラメータをマウスで操作しても動かなくなると思います。
      この状態で、動かしたいパラメータをクリックして、MIDIコントローラのツマミを動かすと、そのツマミにパラメータがアサインされ、ツマミで操作できるようになります。

      midilearnのメニューにインポートとエクスポートのメニューもあります。
      私は使ったことはありませんが、恐らく各パラメータにアサイン済みの状態でエクスポートし、ファイルに保存した後、インポートでそのファイルを読み込めば、同じコントロールマップを使いまわせるかと思います。


      ・プチプチノイズ

      打ち込んだデータをiblitで鳴らすと、プチプチとノイズが出てしまうことがあるかと思います。
      そういう場合は、"env dca"セクションにADSRがありますので、そこでAttackまたはReleaseを、フレーズのニュアンスが崩れない程度に遅らせてみましょう。
      そうすると、ノートオンとノートオフの瞬間の音の切れが滑らかになって、ノイズが緩和することがあります。

      それでもダメな場合は、スペアナなどでノイズの出ている音域を見て、EQで切るなどしてみましょう。
      ただし、スペアナで見てそれほど影響なさそうだと思ってバッサリ切ってしまうと意外と音色が変わってしまうこともあるので、そこは音を聴きながらEQを設定していくと良いと思います。


      iblitに関しては以上になります。
      関連記事
      スポンサーサイト

      theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。