--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
09/08

【トラブルシューティング】サンプル再生で音が出ない、2Mixがモノ出力される 等

久しぶりの更新になります。
今回は、他のDAWを使用されている方には申し訳ないですが、Cubaseに特化した内容になります。
Cubase4以降において、Media Bayや、ファイルメニューからのオーディオの読み込み時に、サンプルが再生されているのに音が出ないケースや、オーディオミックスダウンで全トラックを書き出した際に、ステレオ指定しているのにモノ出力されてしまうケースに対しての対策についてです。
オーディオミックスダウンに関しては、各トラック別に書き出すとちゃんとパンの設定が反映されているのに、全体を書き出すとモノ出力されてしまうこともあるので、戸惑っている方もいらっしゃるかもしれません。

これらのケース全て、Cubase4以降で搭載されたControl Roomにて、Moniterバスが設定されていないことが原因になっている場合があります。
Control Roomは、モニターとヘッドフォンを分けたりなど、有効に用いている方も多くおられると思いますが、特に設定されていない、気にされていない方も沢山いらっしゃると思います。
下記が設定方法です。
(記事内の画像は全てクリックで拡大します。)

まず、「デバイス」メニューの「VSTコネクション」画面を開き、スタジオタブを選択します。
cr_1.png

この画面で、デフォルトで準備されているMoniterバスのオーディオデバイスが「未接続」になっている場合は、「未接続」の部分をクリックし、表示されるオーディオインターフェースを選択します
cr_2.png
※ここで、何も表示されていない場合は、画面右上の電源ボタンをクリックし、ON(青色表示)にしてください。
 ONにしても何も表示されない場合は、画面上で右クリックし、Monterを追加してください。


そうすると、Moniterのデバイスポートの左右それぞれに出力先が設定されると思います。
cr_3.png

以上で設定は完了です。
これでサンプルの再生時に音が出ると思いますし、全トラックを2Mixで書き出してもステレオ出力されるはずです。
少し検証してみましたが、Moniterバスが追加されていれば、Control Room自体がOFFになっていても、サンプルの再生は問題なく行えるようです。
ステレオ書き出しまでは試していませんが…。

ということで、このようなシチュエーションで困っている方は試してみてください。
原因が特定しにくいかもしれないと思い、記事にしてみました。
どなたかのお役に立てれば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Comment

Secret

Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。