--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
11/08

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) 2 シンセ(1)

今回は、Synth1だけでサイケデリックトランスを作ってみよう!企画の第2回です。
この曲の冒頭から出てくる、フィルターの掛かったコード一発のシンセの音を作っていきます。


まず、MIDIデータです。
psy_03_chord_shot_data.png
以前のパッドと同様Dm7を鳴らしただけの単純なデータです。

音は、【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン)使用プリセットでリンクから配布しているSynth1のプリセットの「Chord Shot」という音色を使います。
psy_03_chord_shot.png
※クリックで拡大

今回のキモは、赤で印を付けた、Amplifier、Filterそれぞれの設定、特にADSRの設定です。
ADSRについては、【Synth 1】基本的な音作り - エンベロープジェネレータで以前に説明しているので、そちらをご覧ください。

オシレータは、片方パルス波を使用しているのは、LFOで揺らすためで、特にこの波形でなければいけないということはありません。お好みで。
フィルターはADSRで変化させる場合は、「amt」で設定します。
amtの考え方については、【Synth 1】フィルターセクション Part.1 - エンベロープの後半で説明しているので、そちらをご覧ください。

下のサンプルにて、段階的にパラメータを変更していますので、こちらで変化を確認していってみてください。

オシレータやフィルターの設定は変えずに、主にADSR変更に伴う変化がわかるようにしています。
また、最初からDelayはON、EQにて300Hz以下は切っています(EQ処理はお好みで)。

このサンプルで、特に音のニュアンスに影響するのは後半、FilterのADSRを変更するところからになります。
後ろから1つ手前のサンプルの時に、FilterのAttackを変更し、音の立ち上がりのニュアンスを調整しています。
(Decayも変更していますが、設定が長めになっているので、このサンプルでは影響していません。手元に鍵盤がある方は、長めに押さえてみてください。)
そして最後のサンプルで、音の終わりのニュアンスを調整し、開きっぱなしのフィルターを閉じるような形になっています。

このようなコード一発の音というのは、サイケデリックトランスでは頻繁に使用されていて、今回のようなものに限らず、様々な音作りがされているので、色々聴いてみて、音の引き出しを増やすのも良いかと思います。

今回は以上です。

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


2012
09/30

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン) Part.1 パッド

以前音源を上げてから随分間が開いてしまいましたが、Synth1でサイケデリックトランスを作ってみましょう!シリーズです。
今回はイントロのパッドです。
下の音声はパッド部分だけを取り出したもので、最初何も掛けていない状態からスタートして、LFO(P/W)ON→EQ ON→Flanger ON→Delay ONとなっています。
タイミングはコメントを参照してください。


まず、MIDIデータです。
s1t_jetpad_notes.png
ただDm7を弾いただけの単純なデータです。

次にSynth1を見てみましょう。
s1t_jetpad_synth1.png
※クリックで拡大

・オシレータ

まず、オシレータの設定を見ていきましょう。
オシレータ1はSaw波でdetune、FM共にOFFです。
オシレータ2はPulse波でトラッキングON、ファインチューンは少しずらして、音に揺らぎを出しています。
サブオシレータはOFF、Osc1とOsc2は50:50でミックスしています。

・エンベロープ

パッドですが、AttackやReleaseは特に長めに設定しておらず、ボリュームのオートメーションとディレイの余韻でやっていますが、ADSRは好みで良いと思います。

・エフェクト

一番のキモは赤で囲んだChorus / Flangerセクションです。
x2で設定していますが、ここはx1でもx4でも好みで良いと思います。
今回のような感じを出したい場合は、timeとrateを遅めに、depthとfdbkを深めに掛けると良いです。
もっとエグい感じにしたければ、timeとrateを早めにすると結構強烈になります。
depthとdfbkはキツ目に掛けたい時でも、最大値よりも、少し手前の方が良い場合も多いです。
Chorus / Flangerセクションの詳しい説明は、【Synth 1】Chorus/Flangerセクションをご覧ください。
Delayは掛けると、音が拡がりますし、Flangerもより効果的になります。

・LFO

LFOはDestinationをP/Wに指定してあり、ONにすると、地味ですがほのかに音の輪郭がぼやける感じがすると思います(Osc2がパルス波なので、そこに掛かります)。

・その他

これだけでは低音域が邪魔になるので、以前紹介した、LinearPhaseGraphicEQ2を使用して、低域をバッサリ切っています。
s1t_jetpad_eq.png

このような感じのパッドは、フルオンなどを聴いているとたまに出てきます。
音に拡がりがあり、スペーシーな音ですので、それっぽい雰囲気を出したいときに重宝すると思います。


※パッドの前に入っている音はSynth1ではないので割愛しましたが、あの音は、キックのサンプルを使用していて、最初の音はサンプルをリバースさせたもの、その後の音は思い切りリバーヴを掛けた音です。

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


2012
07/27

【Synth1で曲を作る!】Psychedelic Trance(フルオン)使用プリセット

先日アップした、Synth1のみを使用して作成したPsyTranceにて使用した音色をダウンロード出来るようにしましたので、こちらを元にこれからの更新をご覧いただけたらと思っています。

Synth1 PsyTrance向けプリセット
左上「ファイル」メニューから「ダウンロード」を選択でダウンロードできます。
※2012/07/28 Bassが抜けていたので、Bassを追加し、アップしなおしました。
※2012/10/5 以前アップしたものは、プロジェクトで使用したものをそのままセーブしてアップしたため、音によって音量差が激しかったのですが、音量をある程度揃えてアップしなおしました。

theme : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ::  genre : 音楽


Recommend

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。